=お勧め=

千葉キャバクラなら、
千葉キャバクラ求人所にお任せ下さい!!

柏キャバクラの事なら、
柏キャバクラ求人所が一番でしょう!!

北千住キャバクラをお探しなら
北千住キャバクラ求人サイトへどうぞ。

西葛西キャバクラの事なら
西葛西キャバクラ求人情報サイトへ。

小岩キャバクラの事なら
小岩キャバクラ求人所へ。

千葉、柏、北千住、西葛西、小岩のキャバクラ求人なら上記リンク先へどうぞ。


神奈川デリヘル五右衛門のトップページはこちら
その30「YOKOHAMA OL委員会」に再突入の巻

さて、先日のサンジュの隣室での情事に敗北感を募らせておりやしたがそんな馬鹿馬鹿しい事は3秒で忘れて、今日も横浜プチ出張でやんす。

クライアントとまたまた散々、関内で飲んで、軽い頭痛を覚え始めたた頃は午前2時。
こうしちゃおれん!とまだカバ嬢、じゃなくてキャバ嬢に鼻の下が三木のり平状態になっているクライアントの担当者をぶんなっぐてお店を出て定宿のホテルへ向かいます。

今日のお目当ては「YOKOHAMA OL委員会」はU嬢との再会でやんす。
さっそく電話しますとラッキーなことにUちゃんの予約がとれました。

浴衣に着替えて酒臭い息で嫌われないように念入りに歯磨きしすぎて血だらけになりながら、待つこと15分でピンポンです。
ガチャっとドアを開けるとそこには愛くるしいUちゃんが立っておりました。

「うれしいー!また呼んでくれたのね。」
「おう。寒いから中入んな。」
と渋くキメたいのですが、うれしさの余り声が裏返ってしまい、さらに浴衣の間から、一角獣までがこんにちはしており慌てて隠してカム・インでございます。

ベッドに腰掛け、いきなりディープなキッスで再会のご挨拶。
お風呂のお湯が満タンになって溢れるのも気にせず、ベッドでいちゃいちゃしてました。
お風呂へ入って、湯船の中で簡単に体を洗ってもらい、立ち上がった所で、「ご挨拶するね。」とパックリとくわえ込んでくれました。
感動で身を震わせていると、いたずらっぽい顔でおいらの表情チェックされて、酔いがさめてきたのに、また赤い顔になってしまいました。

ベッドへまたまた横になりながらこの一週間のたわいもない事をお互い話してますと、まるで恋人気分炸裂でんな。恋することを忘れたおいらに甘酸っぱいものがこみ上げてきます。

てな感じで、ごく自然に、クオリティタイムの始まりです。
彼女、おいらを押さえつけ、乳首からおへその辺りまでをゆっくりと舐めまわし、少し体の位置をずらして、彼女の秘部は丸見えな状態でじゅりゅっておふぇらです。
彼女の全身が見えるので堪能しつつ、キレイに刈り込まれた繁みの奥へ手を伸ばします。
既にしっかりとTUNAMIになっておりまして相変わらずのレスの良さに愛おしさ100倍になり、無理くりお尻を移動させ69になりましてお互いにご奉仕し合いマン。
そして上体をむっくりと起こし、座位になり当然、挿入せずに擬似セックスです。
ピッタりと身体を密着させお互いお口を吸ったり、耳に熱い吐息を掛け合ったりで、
あっというまに昇天でやんす。

ティッシュでキレイにフキフキしてもらい、しばしアフターでございます。
お互いの身の上話などをカミングアウトしあい、更に親密度を増して、抱き寄せて優しくキスしところで、お時間でやんす。

シャワーを浴びて一服つけて、涙・涙のお別れです。再会を約束し、一人になった部屋で
カーテンを開けると向こうに朝を待つみなとみらいの夜景がグッと胸にきてしましました。
「ふっ・・・俺としたことが・・・どうやらサレンダーだぜ。今度はローズホテルでも予約するか。」と渋く決めたもの浴衣の隙間からふにゃふにゃになった一角獣が力なくはみ出していた。

www.iinkai.jp/" target="_blank">「YOKOHAMA OL委員会」
プレイ代90分26000円 交通費2000円 指名料1000円 ホテル代実費
ルックス・お店対応前回同様 サービス4.5 満足度 4.5 

oh!Camel氏どうもお疲れ様でした!
また、刺激的かつユーモラスなレポ、有り難うございました。
ほんとに可愛くてモー娘にいてもおかしくないくらいです。」とは後日Cmalel氏談でございます。(笑)
初のお気に入り決定か!?
まっ、次は何はともあれいただきやしょう!しかしCamal氏、添付の画像も一緒に送ってきてくれたのですが、こんな良いホテルに宿泊してお下劣なことをしてらっしゃるのネ。うっうらやましいっす!

次回もヨロシクです。
「五右衛門」
メインページへ
その29「+α恋の予感」に突入

その頃、キャメル氏が隣室にいるなどとは、つゆ知らず、ホテルにインしたサンジュンは、
www.e4u.co.jp/yokan/" target="_blank">「+α恋の予感」のH嬢(156/82・58・83)とラブソファに腰を下ろしていた。

彼のお気に入りはY嬢であったがその日の予約は既に一杯だったために、サブで考えていたH嬢に決めたのであった。

Daytime(100分コース)なので時間はたっぷりあるはずなのだが、いきなりベッドに押し倒し、彼女を攻め立てていた。最初はシャワーを浴びてからと懇願する彼女であったが、まんざらでない様子で、次第の体の力が抜け、サンジュンに身を任せるのであった。

しかし一向に手コキから発展しないのとクンニを許してくれない彼女に白旗をあげ、仕方なく、バスルームへ向かっていった。ギンギンになったテポドンは暴発寸前であったが、何とか支配されずにおとなしく体をキレイに洗ってもらいザブンと湯船につかった。

「ふう〜・・・外は寒かったから気持ちいいデげセヨ」とサンジュン。
「・・・もっと気持ちいいこと一杯しようね!」とH嬢。
やおら今だに、いきり立つテポドンを彼女は凝視し、サンジュの腰の下に手を回すと、持ち上げて、水中から浮上したテポドンを優しく口の中にほおばり、ネットリと上下に頭を動かしたり舌を這わせたり・・・・
サンジュは目を細めてその光景を見ながら「うむー、うむー」と彼特有の喘ぎ声を上げるのであった。

風呂から出てタオルを腰に巻き、ビールをグッと一息で飲み干し、風呂で温まりほんのりと赤みを帯びた色白な肌を舐めるように下から視姦し、舌なめずりをしながら、「美しい・・」
というとくびれた腰に手を回して抱き寄せ、ディープキスをし始めた。
スグに彼女も反応し、ベッドへと誘われ、二人は倒れこむように横になった。

形のいい、胸を円を描くように舐めまわし、さらに下の繁みへと這わせていくと、彼女は
「気持ちいい・・・」と早くも甘い吐息を漏らし始めた。さらにサンジュンの舌先が彼女の突起したところをつんつんすると、自分の手でグッと両側の肉襞を持ち上げ、あらわにして、首を持ち上げ、サンジュンのその様子を一部始終見ていた。そのたびに、「いやらしい・・・」
「そこよ・・・」と何時しか、サンジュンからイニシアチブを取っていた。
指を奥の方へ挿入されると体をそらしてオーバーアクションぎみに悶え始め、完全に羞恥を失った様子であった。そこには欲望の塊となった二匹の獣の姿があった。

体勢を入れ替えて今度は彼女が上になると、サンジュンの乳首を音を立てて舐めまわし、
そそりたったテポドンをゆっくりと咥えたり、舌を這わせたりと濃厚な技でサンジュンを攻め立てるのであった。中でも圧巻はフグリからアナルへかけての濃厚さは、彼女の淫乱を知るに値するほど丁寧かつクールであった。その間もサンジュンは「うむー・・・」と嗚咽を漏らしていた。

いよいよ我慢の限界の様子で体勢を入れ替え、上体を起こしたサンジュンは彼女を見下ろし、
テポドンを彼女の繁みにこすりつけ腰を動かし始めた。
さすがに警戒したのか「入れちゃダメよ・・・。でももっと力強くこすりつけて・・・」
と本番さながらの様子に隣の部屋でコップを壁に当てて聞いていたキャメル氏の一角獣も反応始めるのであった。
リズムよく喘ぎまくる彼女の声にあわせキャメル氏も一角獣を握り締めピストンを始めた。
部屋では額に汗して、サンジュンが咆哮を上げ、彼女の腹の上にすべてをぶちまけ、放心状態でいた。ぶちまけられた液体を彼女は指でなぞってまるで全身にしみこませるようにしていた。

ぐったりとベッドに横たわる二人は死んだようにしばらくは動かなかったが沈黙を破って、
「残り時間ないからシャワーしよ。」という彼女のお誘いに手を横に振って拒否し、一人でベッドで意識が混濁しているサンジュンであった。

シャワーを出て着替えを済ませた彼女を見てもベッドから起き上がれない様子のサンジュンは、彼女にわかれを告げ、心地よいまどろみに落ちていくのであった。

その頃、隣室ではキャメル氏が怒りを爆発させていた。
「チクショー!、一回抜いた俺様より何で奴の方がイクまで時間が長いんだ!!」とベッドをトランポリンに見立てて飛びはねていた。

www.e4u.co.jp/yokan/" target="_blank">「+α恋の予感」
プレイ代 100分 19000円 交通費 1000円 ホテル代実費
ルックス3.5 サービス4 淫乱度 4 スタッフ対応 3.5 満足度 3.7 

ハシゴレポお疲れ様です。
最近は身内からも貴方様は「エロテロリスト」、「キャメル オブ ジョイトイ」の称号を頂いているようで何よりです。
次回は3Pを予定しているようですがお体にはくれぐれも気をつけて下さいまし。
3Pレポ、楽しみにしておりやす。では。
「五右衛門」
メインページへ



その28「横浜OL委員会」に突入

♪よこはまぁ〜たそがれぇ〜ホテルのぉ小部屋ぁ〜・・・とブルースな、感じで行きたかったのですが、とにかく寒い!!

一刻も早く温まらないと、一角獣君は体にめり込んで使用不可になってしまいます。申し送れました、再度登場!キャメルでございます。

ということで横浜駅西口から今回のターゲットwww.iinkai.jp/" target="_blank">「YOKOHAMA OL委員会」へ電話します。

かわいらしい声で女性の受付がでまして、お目当ての子の時間をチェックすると予約で一杯!!スグに入れる子を2名ほど紹介してもらい、受付嬢のお勧めのUちゃんに90分コースで決定し、ハマボールはサンクス前で10分後に待ち合わせとの事。(ナイスレスポンス!)

鼻水すすりながら待ってますと、時間通りにUちゃんから非通知でおいらの携帯に電話が。
「おまたせしました。寒かったでしょう。」と、ご対面です。
いやはやこれがかわいいのなんの。教えたくないパート2でございます。顔の感じや、身の丈、スラッと伸びた足はおいら好みです。

ハマボールの裏手のラブホテルへ即効インです。部屋も広くて、バスルームがゆうに4人は入れるか?ってぐらいに広い!中々贅沢でおまんな。

まずはお互い、冷えた体を温めあうように、ラブソファで密着しながら世間話です。
実際に昼はOLさんだそうで若いわりには言葉遣いなんか非常に丁寧で好感もてます。
お湯の溜まったところで脱ぎ脱ぎしてサクっと洗って湯船にザブン。
広々、ジャグジーで湯煙の向こうでニコニコしているUちゃんがまたカワイイ!!
「もっと、ちこう寄れ。苦しゅうない。」と命じますとするすると体を密着させ、ディープ
なキッスでスキンシップです。二人とものぼせて倒れそうになる前にお風呂から出て、「続きはベッドで・・・・」と甘く囁きます。(実はジャグジーの中であんまりこすり付けられてしまったので早くも昇天してしまいました。気づかれてないと思うけどね。)

ベッドへ滑りこんで早速、いちゃいちゃパラダイスよろしくく、時間をかけてたっぷりと唾液を交わし、少し汗ばんだところで密林を探索です。
短く刈り込まれた茂みの奥地はすでにTUNAMIを起こして水浸しでまんがな。ならばと、お口で激流を止めるべく受け止めます。彼女もそれに応じるかのように、さえずります。
薄目あけてみると今回はちゃんと感じているらしく、さっきの凛としたしっかりさんが、なんとも淫らに体をくねらせます。
とっくに復活している一角獣君をほおばらせ、恥ずかしげに音をたてて高速ヘッドバンギンします。
前回の悪夢がよみがえるか?と思いきや、非常に滑らかで、早くも咆哮をあげそうになるのをぐっと、堪え、体勢を入れ替えて、正常位スマタでゆっくりとコイッスします。
速度を速めて、奥歯をかみ締め、見えないところで自分のケツをつねったりして抵抗しますが、彼女の顔が真下にあってそのイキ顔みたとたんに、あえなく昇天してしまいました。
変に我慢したもんで、トロリとだらしなく出てしまい、さすがのおいらも赤面しきり。誤魔化すように抱きついて、アフターです。

彼女、ぐったりとおいらの胸に顔をのせ、かわいらしい寝息をたてて、睡眠状態に。
そんな、彼女をいとおしくさえ思っていると、不覚にもおいらもいつしか睡魔に襲われ、夢見ごごちに・・・。

「フガッ・・・」て自分のイビキにビックリして目が覚め、慌てて彼女を起こし、彼女も慌ててお後のシャワーもそこそこに帰りの身支度完了です。んで時計見たら、全然、余裕で大笑いでんがな。寝ていたのはほんの数分だったのでした。

名残惜しいと思ったのですが、昼、夜とハードな彼女に少しでも時間をと思い、(次回の為に良い印象与えようというのが本音。)ちょいと早く彼女をお部屋から送り出し、せっかくだからとTVのエロビを見て、反応始める一角獣君をなだめようとしたその時に気がついた!待てよ!!さっき彼女を送り出したとき、後ろを通り過ぎたカップルの男はぺ・サンジュンじゃねえか!?・・・

www.iinkai.jp/" target="_blank">「YOKOHAMA OL委員会」
プレイ代90分19000円(Daytimeにつき) 交通費1000円 ホテル代実費
ルックス 4 サービス3.5 スタッフ対応 4 満足度 3.8 中々のご満悦


いやいや ど〜もご苦労様でした! Camelさん いや、ぺ・サンジュンさん、いや、Camelさん。
今回もコミカルかつ独特のレポを有り難うございました。
私はいつも貴方様の性豪振りには頭が下がる思いでございます。
妻子がいるのに長年連れ添っている愛人はいるしキャバクラ遊びは大好きだしホテルに言ったら必ずエロビデオは見るし。
とは某友人からの情報です。(笑)

実は今回もこの後他のお店の女の子を呼んでいます。
次回のレポも近日中にUPしますのでお楽しみに!
「五右衛門」
メインページへ


その27「イースマイル横浜」に突入

今年一年を占う意味もかねて2000年一発目のお店をチョイスしてみます。
するとネットで検索しているとお色気&ゴージャス嬢がヒット!
新年一発目はwww.e-smile2525.com/" target="_blank">「イースマイル横浜」A嬢で運試し。

横浜駅での待ち合わせはお約束のモアーズ前。
いつもは昼間の待ち合わせですが、今回は夜、それもアフターファイブなので大分景色が違います。
OLさんの待ち合わせもあり、綺麗なお姉さんを見ているだけで股間も踊ります。
そうこうするうちにお時間ジャストに携帯に着信アリ。「初めまして!」のご挨拶にホームページではお顔にボカシが入っていたけど、生で見ると中々キュート!そのまま視線を下げていくとコートの上からでもわかる巨乳に股間も踊ります。
黒バットが「早く!早く!」とせがむので、いつもより早足で常連になりつつあるホテルに向かいます。

相変わらずの盛況ぶり。そして部屋にインするとお店へお電話。そのまま「お風呂準備しますね!」とお風呂へ。
しばらく世間話をしつつ時間が惜しいのでちょい早めながら服をヌギヌギ。お互いにスッポンポンになりお風呂に向かいます。

丁寧に背中、胸、黒バット、アナルを洗ってくれこれからに期待が持てます。
ひとつの判断基準なんですが「自分の舐める所だから丁寧に洗う=濃厚な責め」全員にはあてはまりませんが判断の一つにしています。
半分くらい溜まったお風呂に入っているとA嬢も入ってきます。後ろに回って巨乳に手を伸ばすとため息のような喘ぎ声。でもって股間に手を伸ばすとさらにヒートアップ。A嬢も負けじと黒バットに手を伸ばしてきます。そのまま変な体制のまま舌をからめます。お互いのぼせてきたのでベッドへ移動。

バスタオルを剥ぎ取るようにしてオッパイをベロベロすると色っぽい声がもれます。
さすがにEカップバストはモミがいもナメがいもあります。つるつるのお肌に感動しつつそのまま赤貝をペロンチョ。ゆっくりと指を挿入していくと面白いように喘ぎ声が高まっていきます。
「このままイかしたろかい!」と舌がしびれるほど舐めてみますが、声は高まっても一向にイク気配がありません。そこでA嬢「わたしイキにくいから」って「先に言ってくれよ〜」と心の声。

ではと攻守交替して全身舐めから小生の大好きなアナルを舐めへ。前もって言ってあったのでいつもより長めにナメナメ。その後、黒バットに移動。ツバをいっぱい出しHな音をたてつつのオフェラにうっとり。素股が得意というのでローションをたっぷり黒バットに塗って騎上位素股の開始。最後はバック素股でA嬢のお尻を眺めつつ後ろからEカップバストを鷲掴みにしながら新年一発目の大噴火。

一息ついて、タバコに手を伸ばすとAMI嬢が灰皿を取ってきてくれます。「こうゆうしぐさに男は弱いんだよな〜」などと考えているとお時間ですコールが。
あわててシャワーを浴びてホテルを後にしました。ホテルを出て大通りに向かう途中「あっエリが曲がってる」といって直してくれたA嬢にドキ!別れ際に「また会おうね!」などと似合わぬことを言ってしまいました。その後、横浜駅に向かいながら「今年も抜くぞ〜!」と心の中で叫ぶまーひゃんでしたとさ。

www.e-smile2525.com/" target="_blank">「イースマイル横浜」
プレイ代60分¥18,000+ホテル代
ルックス 4 サービス4 スタッフ対応3 満足度4


ま〜ひゃん今年一発目お疲れ様でした。
なかなかご満悦だったようですね!お互い忙しい身ですが今年も宜しくです。
最近わかったけどま〜ひゃんの評価対称はAナメと嬢のちょっとした優しい仕草なのね?(笑)
次回もヨロシクです。

「五右衛門
メインページへ


その26「横浜人妻オークション」に突入

まずは、あけおめことよろ!
と言うことで私めにも、人並みに正月休みなるものがありまして、暮れから飲みっぱなしで、悶々と過ごしていたんですが、やっぱり、行きましょ!って事でやってまいりました。
♪いしかわちょぉ~駅の改札で高校生がぁ~、なんてデープな熱いキッスを何度もしていたぁ~、中華街で飲茶をしていたらぁ~、なんと炎の料理人、周富徳が前を横切ったぁ~OH!Yahh~!♪などと言うのはちょっと前の話で、今、中華街の真ん前まで地下鉄が来ちゃって、すっかりお役御免って感じで少し寂しい石川町駅改札に到着でございます。

高校生も周大人も目に入らず、駅前のラブホ目指して一直線。
どこも部屋の感じはよさげなのですが、正月の昼間から以外に満室が多く、少し待ってから一人でチェックインして部屋の感じに満足しつつ、早速、全員ガーターベルト着用って文句にひかれ携帯で今日のターゲットであるwww.yokohama-hi.com/index2.html" target="_blank">「人妻オークション」へ予約です。

慌てて家を飛び出したので、お当ての奥様は、事前にチョイスせず、お店の兄いお勧めのK奥様(B88・W58・H86)で90分コース21000円(交通費込み)に決定です。

待つこと20分でお部屋のチャイムが鳴り、奥様ご到着のご様子。ドアを開けると奥様がニッコリと微笑んで「お邪魔します。」ってんでプリーズカムインでございます。

奥様、高そうな毛皮のコートをお召しになっておりまして、軽やかにそれを脱ぎますと、
なんと!ミニスカポリスのコスチューム!(個人的には余りそそりませんが・・・・)
ご挨拶を兼ねてビールで乾杯しつつ、お話はシステムの事で、「私を気に入ってくれたら
ここで指名って事で、プラス2千円。それから私、指入れダメなの。どうしてもって時は
そこでバイブ買ってオプって事でプラス2千円。あっ、バイブは実費ね。コスプレは気に入ってくれたかな?もしよければこのままプレイしてプラス3千円。」とまくし立てられ、

さすがのおいらもタジタジで指入れだめでバイブはOKなんて猿でも判りそうな理不尽さにじっと自分の指先を見つめてしまいました。しかしネゴに関してはおいらの方が百戦錬磨だったのが運の尽き。そんなものは一蹴して元値でチャンチャン。ご機嫌を損ねたかなと思いきや、その後は以外にさばさばとフツーの世間話をして、「さあ、脱がせちゃおうかな?」とおいらをあっという間に全裸に。それじゃお返しって事で、奥様を一糸まとわぬお姿にしてお風呂へお手手つないで入ります。

丹念に洗ってもらい、ジャグジーバスに浸かったところで奥様も入ってきまして、ブクブク状態で舌を絡めてレロレロです。たっぷりキスしたあとはソープで言う潜望鏡で責めてもらい、モチベーションが上がってきたところで、「続きはベッドでね。先に行って待っててね。」とい言うことでしおらしく、先にウエイティングでございます。

すぐに二人でビトウィーンザシーツでございまして、おいらが先攻で奥様の全身をたっぷりなめなめして蜜壷に差し掛かり指を入れようか迷いましたが、いやだということはやめておこうと、代わりにアナルに舌を這わそうとするとリズムよくあえいでいたはずの奥様が、まるで機械仕掛けのように上半身だけむっくり起こし「アナルはヤメテ!」と鋭く指摘されさすがのおいらも「はい。」って素直にクリトリスに舌先を慌てて戻しマン。

心中で「チクショー!」と叫びながらもまたリズムよく喘ぎだした奥様を繁みの隙間からのぞき見ますと、お目目パッチリで天井を凝視してまんがな!これには爆笑を堪えつつ、無理やり69になりまして行く寸前にお口からブッコ抜き、舌先をお乳へ這わせます。
すると、もの凄い勢いで、おいらの一角獣を握り締め超高速ピストン運動よろしく、「イテテテテテ・・・」&「イきそうですぅ・・・」と大暴発。シーツにメチャ飛ばしまっくて、赤面しきり・・・。
「気持ち良かった?」と聞きながら、滴る一角獣をお口いっぱいにおいしそうにほおばりました。最後の一滴まで吸い取られ、ぐったりしてタバコに手をのばして、一服つけて、再度、お風呂です。

ふやけるぐらいにキレイに洗ってもらい、ジャグジーで肩を揉み解してもらい、程よい所で出て、お後は着替えてお別れです。

一人、ホテルに残り、ボーっとエロビを見ていましたが一角獣はまったく反応せず。
恐る恐るパンツの中身を見るとさっきの摩擦で一角獣ちゃんが赤く腫れてしまってました。
「オーマイガッー!」と咆哮しつつ、冷蔵庫から氷を取り出し、冷やしながら、「今日は完敗だ・・・・」と。
正月早々何してまんがな!こりゃ今年も波乱万丈、面白くなるぜ!と不気味な笑みを口元に漂わせるCAMEL氏であった。

www.yokohama-hi.com/index2.html" target="_blank">「横浜人妻オークション」
プレイ代90分19000円 交通費2000円 ホテル代5500円
ルックス3.5 サービス評点不可 スタッフ対応 3 満足度 2 

と今年は厳しく行きまっせ!!

まいどっ! サンさまお疲れ様でございました。
そうでしたか、そういったご事情で2つ目のレポに行けなかったのね。ご愁傷様でございました。
そうですね、今年は厳しく行きませう!
なんせこちらも大金を払って行っているわけですからね。あくまで主観ではあるけれど限りなく客観的に評価しようではありませんか!
と言う訳で今年もヨロシクです。
P.S.お体お大事に!次回はもっと良い情報を用意しておきますよってヨロシクです。
「五右衛門」
メインページへ



" name="sono(25)">その25「デコポン」へ突入の巻

さて、「ぺ・サンジュン」にうっかり、浜のNO.1デリ嬢を教えてしまい、「奴のことだから、俺の気持ちもしらず、お店に行ってしまうのでは・・・」と不安が募り、一路、曙町へ向かう、CAMELE氏でありました。欲望の権化のような奴だから、彼女の身にもしもの事があっては・・・と気が気でない彼は、早々と暗くなって、ネオン瞬く、性の巣窟に到着するとまっしぐらにそのお店へ突入。

しかし、その日は、彼の恋するデリ嬢はお休みとのことでホッと胸をなでおろすと、せっかくだからとばかりに、周辺のお店を探索&リサーチするのでありました。

数件回って、「やっぱりNO.1はあの子だな。」と思っているところ、親不幸通りのはじっこのwww.dekopon.tv/" target="_blank">「デコポン」なるお店へ入っていきました。

写真が8枚あり、一枚の写真が燦然と輝いていることに気がつきました。それは、若い頃の真野響子似のK嬢。

少し興奮気味に「この子はスグいける?」「21時からのご案内となります。」
即答で「じゃ、80分コースで頼みますわ。」ということでお金を支払い、予約完了。
しかし、その時間までは2時間半あったが、暇つぶしの天才でもある彼は、伊勢崎モールのスロット屋へ行き、サクっと7000円ほど浮いたところで換金し、その金で蕎麦屋へ入り、蕎麦を肴に一杯飲んで、チラっと時計をみると、読んでいた新聞をたたみ、時間が来たことを確認すると、蕎麦屋をでて、「デコポン」へ向かいます。

時間通りにお店に到着し、さっき予約した旨、伝えるとすぐにK嬢とのご対面。
「こんばんは。指名ありがとう。さあ、楽しみましょう。」と腕を組んで、お店をでました。
写真通りの美しさにご満悦の表情のCAMELE氏はいつもの事ながら、少し腰を落とした、変な格好で伊勢崎モールのほうへ、歩いて行きます。

「待たせてごめんなさい。」
「いや、いいんだ。この瞬間の為なら、数時間待つことなんてなんてことない。」
などと、くだらない世間話をしていると例のあやしいラブホへ消えていきました。

「またこのホテルかいな!!」「きたことあるの?」
「きたも何もさっき・・・いや、この間来た。このホテル嫌いやねん。」
「ごめんね。ここ指定ホテルなのよ。私も嫌いなんだけどね。」
と話ながらお互い服を脱いで、シャワーを浴びます。

シャワーを浴びながら、ボディチェックです。お店の表記と若干違うような・・・。胸はCカップも無さそうだし、ヒール履いていたからよく判らなかったけど、背もちっちゃいな。などど思いながらも、彼女のそそる瞳に彼の一角獣は猛々しくそそりたちます。

キレイに全身を洗ってもらい、シャワーをでて、ビールで乾杯。
しばらく、世間話などしてからベッドインすると、スグにディープなキッスのご挨拶。
まったりと、長い時間、唇をかさね、お互いの唾液をたっぷり交換し、彼の指先は彼女の一番敏感な場所を探りあて、背中を反らせて反応。

かわいらしい甘い吐息がもれる口を彼の口が塞いで、彼女を悶絶させていると、ゆっくりと上下入れ替わり彼女の舌先は彼の乳輪をなぞり始め、右手で一角獣を上下にゆっくりとしごきはじめた。

「うむー うむー」と彼は歓喜の声をあげそうになるのを、シーツをつかみ必死でたえる。
その痴態をチラッと見て、一瞬、目がたくらんだ笑いをし、彼女の頭が彼の一角獣を一気に飲み込むと、ゆっくりとグラインドさせ、サオを立てたまま、蟻の門渡りを舌先で舌からねっとりを上がっていき、頂上へたどり着くとまたスッポリと咥えて同じリズムで下へと下がっていく。

至上の時間が何時間にも思えるほど、彼は登りつめそうになるのを必死にこらえ、「うむー」と喉を鳴らしています。
彼はいよいよ耐え切れなくなり、69に姿勢になり彼女の蜜壷に舌先をグッと捻じ込むと、
背中をそらせ、全身に電流が走ったように小刻みに震えはじめ、さらに指を使い、指の腹で、クリトリスをのの字を書くと、あっとゆうまに昇天してしまった。

「ふぅー」と息を吐き出し、やさしくしな垂れ、彼の胸に顔をうずめてしばらく、余韻に浸る彼女。
「今度は私がいかせてあげるわ。」とまた、たくらんだ笑みを口元に浮かべ、手のひらに
たっぷりとローションを乗せ一角獣にトロリとたらすと、馬のりになり後ろ手に握りしめ、
ゆっくりとコイッスを始めた。
またもや「うむー うむー」と堪えるが、本当に挿入しているかのごとく、あまりの気持ち良さに、あえなく、一角獣は咆哮を上げて、ぐったりとした。

しばし、アフターをまったりと言葉少なく楽しみ、シャワーを浴びて、チェックアウト。
ホテルの会計をすまし、エレベーターでさよなら&ありがとうってフレンチなキッス。

腕を組んで、伊勢崎モールの途中で彼女とはバイバイ。街はすっかりクリスマス。
あー焼肉食べてーって急に思い立って、焼肉屋に飛び込むと、なんとそこにはペの字が
煙の向こうで、油でぬめって光る口を、大きく開けて、カルビを飲み込むところに出会った。「やっぱり、いたか・・・・」  
www.dekopon.tv/" target="_blank">「デコポン」

女の子 4.5 お店対応 4 サービス 4 総合 4
プレイ代80分¥22,000+指名料¥1,000+レンタルルーム¥2,000

・・・・なんか一人二役のフリをしているようですが皆さん騙されないでくださいね!
この日はCamel氏の2回戦と言うことで24のレポと25のレポは同一人物による物です。
しかしなんかこのレポプレイの最中から急に3人称になっている気がするのだが何か意味があるのだろうか?
ま、Camel氏の鬼畜ぶりが分かれば文句はありませんが・・。

しかし先日Camel氏がオフィスに来た時には驚きました。
本人いわく、眼鏡が壊れてしまったそうでいつもと違う眼鏡をしていたのですが、白いコートにマフラー、ヨンさまもどきの眼鏡と言ったいでたちはまさに似非ヨンさま!といった感じで大爆笑してしまいました。(失礼)

来年もよろしくお願いします!

「五右衛門」
メインページへ


その24「サンダーボルト」に突入の巻

さてさて12月も中旬ということで、いよいよ今年もあとわずかとなりました。
忘年会シーズンですね。飲んで、騒いだ後は、男同士ならやっぱり、綺麗なアガシのいる店で、しかも抜いてくれるところで、盛り上がって、締めくくりたいものです。
(でも、スグに抜き始めか?)冬の寒さが身にしみてきて、ソナタが聞きたくなる今日、この頃。いかがお過ごしですか?申し送れました。私、ペ・サンジュンでございます。

私のマブダチ、キャメル氏から、ダントツ!!ハマNO.1美女がいると聞いておりました、曙町は、www.thundervolt.jp/" target="_blank">「サンダーボルト」へ、吸い込まれていきます。

しかし残念ながらお目当ての子は本日、お休みと言うことで店に背中を向けようとすると、
「ぺ様、今日はお任せください!トロトロにさせちゃういい子がいますから。」なんて調子のよい受付のにいやんに乗せられ、60分コース、お任せで予約完了。
(苗字で呼ばないでください!!)

待合室でタバコ1本、吸い終わったところで、「お待たせいたしましたぁ〜!ぺ様ぁ〜!」と大きな声で、お呼びがかかります。(だから、苗字で呼ぶなっつーの!)
店を出たところで、「こんばんは。」と待っていたのは、スレンダーな、ミ○ちゃん。お顔はというと・・・・。まあ、好き好きありますからねぇ。

ということで、残念ながら、チョイト好みから外れてしましたが、彼女と腕など組みながら、世間話などしつつ、前職がピンサロ嬢と性感マッサージ嬢だったと聞いて、俄然やる気モードに突入です。
事にもポジティブな私。相手のいいところを探して、それに過剰な期待を寄せるという、必殺!迷惑!スグタチナオールテクをもっております。

伊勢崎モールのほうへ向かっていきまして、こんなところに、ラブホがあったの?てな場所へインします。
エレベータで上へ上がりますと、一見、マンションのようです。そういえば、キャメル氏が、いただけないラブホがモールにあると言っていたような・・・。

お部屋で(案の定、チグハグな内装と調度品、立て付けの悪い扉などなど)彼女と世間話をしつつ、服を脱ぎ脱ぎして、その後、シャワーです。間近でみるとお目目パッチリで結構、かわいいじゃないの。などとテンションを上げて行きます。

ベッドに滑り込みまして、しばし、じっと見つめあって、いきなりデープなキッスのご挨拶です。これが思っていた以上に、情熱的で、この先の展開に期待をしつつ、まずは私が先攻です。かわいらしいオッパイを舌先でチロチロ攻めまして、腰骨あたりへ一気に急降下したりと、緩急織り交ぜた、韓流テクで、「どうだ!」と思いきや、彼女あまり、声を出してくれません。薄目で表情を覗くと、必死に、こらえているご様子。

ではではと、薄暗い場所へ指を這わせて蜜壷に指をそっと入れますと、堰を切ったように、とろりと熱いものが・・・そして、我慢の限界を超えたかの様に、かわいらしく、歌います。

突然、彼女、私に馬乗りになり、淫らに腰を動かし、私のテポドンに、こすり付けます。劇的な展開に、暴走寸前なテポドンをなだめないとイカンと思い、彼女の腰をつかみ、位置をずらして、お口の催促です。最初はチロチロとはにかむように、舌を這わせておりましたが、テポドンをスッポリと飲み込みますと、いきなり強烈なヘッドバンギン!
まるで東京管弦楽団とメタリカのコラボレーションのようです。
危うく、ピンサロテクで迎撃されそうになるのを、必死でこらえ、ローションプレイに移行してもらいます。
またまた、騎上位でゴシゴシ、ヌルヌルされて、テポドンは発射寸前です。
お願いして、バックで素股をしてもらい、数回、腰を振っただけで、私のテポドンは日本列島を飛び越えて、太平洋で大爆発しました。

ちょうど、シャワーの時間を告げるタイマーが鳴りまして、吸っていたタバコを灰皿に捻じ込み、体をキレイに洗ってもらって終了です。

ラブホのフロントで、精算ですが「延長つきまして、4050円になります。」と言われ、
「アイゴー!ナニヌカシトルハムニダ?」と食ってかかろうとすると、泣きそうな声で「ごめんなさぁ〜い。また時間オーバーしちゃった。」と彼女が謝ってくるので、「マタッテナンノコトセヨ?」と聞きますと、前のお客さんも時間配分間違えて延長取られたそうな。
「私、払いますぅ。」などというので、仕方なしに、私がちゃんと精算しました。

ホテルを出て、伊勢崎モールへ出たところでお手手ついないで歩きます。
街はメリークリスマスで、さっきの珍事も忘れていい感じで、バイバイしました。ああっ、焼肉食べたい。

www.thundervolt.jp/" target="_blank">「サンダーボルト」
ルックス 3 サービス 4 お店の対応 3.5 指定ホテル 2 満足度 3.5 

プレイ代60分 18000円 ホテル代 4,050円(時間通りならば2500円位)

サンさま?どうもお疲れ様です。またまたニューニックネームですか?
なんだかCamel氏とニチローとペ・サンジュンがごちゃ混ぜになってきた。
読者のみなさん、騙されないでください。すべて同一人物です。性の鬼畜、Camel氏の混乱技法ですから!
実はこの日もCamal氏、二回戦を敢行してくれました。第二段は近日中にUPしますのでお楽しみに!

「五右衛門」
メインページへ


その23「町田人妻愛好会」に突入の巻

食欲の秋?いえいえ性欲の秋。なんて考えつつ前回、失敗した町田にリターンマッチを申し込みます。
今回チョイスしたお店はwww.aikoukai.net/machida/" target="_blank">「町田人妻愛好会」。
前回の失敗に学習しつつ今回のお相手は「Yさん(164 80 58 84)」を指名してみました。

町田駅前で待ち合わせをします。周りを見渡すとそれらしい男性がチラホラ。
町田もはやってるんだな〜となんて考えていると携帯に着信が。男性の声にびっくりしつつ、本人確認されると白いワゴンから女性が降りてきました。
予想通りのスレンダー美人に小さくガッツポーズ!腕を組んでホテルに向かいます。平日昼間のサービスタイムなのに半分以上の部屋がうまっていて「今の日本はどーなっているのでしょうか?」と余計な一言。エレベーターの中から軽くキスして部屋にイン。

部屋は古びているのに巨大なプラズマテレビに二人でびっくりしつつ改めて自己紹介します。
ご主人とは仲もよくオツトメも「週2くらいかな?」とおっしゃいます。不倫気分に火がつきソファーの上でがぶりより。オッパイに手をのばすと色っぽい声がもれます。
しばらくイチャイチャした後、服を脱がし合いシャワールームへ向かいます。

丁寧に洗ってくれたのでお返しにお風呂のヘリに座らせてクンニでお返し。「恥ずかしい〜」を連発しつつしっかりと反応。「続きはベッドで」と言うのでここは大人しくシャワーからあがります。

ベットにいってからは攻守交替。
まずはお手並み拝見とゆうきさんに攻めてもらいます。ディープなキスから乳首舐め、全身リップへと移行します。アナル舐めも入ってなかなかお上手。フェラに移るとこれがまたゆっくりとした動きに手コキも加わって思わず噴火しそうに。
こちらも負けてはならないとお時間を確認してから攻守交替。
スレンダーな身体を撫で回してから、敏感なところに手を伸ばすとピチャピチャと音がするほど濡れています。指でクリを擦りながら乳首舐めを繰り返すとあっけなく昇天。

日ごろから開発されてるのね、としばらく休憩。添い寝しながらも黒バットを優しくシコシコ。硬度も増してきたのでローション付の手コキ&キスのフィニッシュスタイルへ。こちらもクリに手を伸ばしてYさんのいやらしい声を聞きながら大噴火。後始末をしてもらいまったりタイム。

世間話をしていると携帯に着信音が。聞けばタイマー代わりに時間になるとお店から電話が入るらしいです。
後ろ髪を引かれつつシャワールームを浴びて二人とも着替え終わったところで部屋を後にしました。また帰りのエレベーターでも軽くキスを交わしてホテルを出ると迎えの車がホテルの目の前に停まってるじゃありませんか。
お別れの挨拶もそこそこに車に乗車するYさんを見送り、川沿いの道をトボトボと歩きながら町田も捨てたもんじゃないな〜と思いつつ家路につきましたとさ。

www.aikoukai.net/machida/" target="_blank">「町田人妻愛好会」
プレイ代 19000円 交通費 1000円 ホテル代 4900円
ルックス 3 サービス 4 スタッフ対応 3 満足度 3,5


ども、ども。ま〜ひゃん久々のレポ&遠征ご苦労様でした。
やっぱりま〜ひゃんは人妻系のほうが波長がお会いになるようで。
まったり&マイペースなひと時を過ごされたようで何よりです。
Camel氏の影響か、最近文体がやっこくなってきたのは気のせいでしょうか?(笑)
ま、ルールなんて最初から無いのでお気軽に書いてやってください。
次回もよろしくです!
「五右衛門」
メインページへ


その22「横浜グラビアあいどる」に突入の巻

グルグルと回っているうちに酔いが、ぶり返してきてベッドの上で大の字です。
(何故、グルグル回っているか?は前回のレポを参照してください。)

しかし、おいらの下半身は熱くなっていて「これは疲れマラというか、死に至る直前では?」などど、考えたら、最後にもう一回と電話機を両手で握り締め、ダイヤルします。

「はい、www.y-idol.com/" target="_blank">横浜グラビアあいどるです。」
「そちらのゆ○かさんって、4時ぐらいから、入れるって言ってたよね?」
「はい!直ぐにお伺いできますけど。」
「スグ来て!死にそうなんですう・・・・」
「かしこまりました????」ということで予約完了。

その後、どれくらい時間がたったのでしょうか昏睡状態に陥っていたおいらは、チャイムの音で意識を取り戻しました。
生きているのを確認しつつも、朦朧としていて「誰だ!まったくこんな時間に!バカヤロー!」とばかりに荒々しくドアを開けます。

するとビックリして目を大きく見開いたお人形さんみたいな女の子が、立っておりまして、「私でいいですか?」と、か細い声でいいました。

一瞬のうちに全てを把握したおいらは、「オフコース!プリーズ、カムイン!」と彼女を招き入れます。

しかしインターバルを置いたせいか、黒バット君は中立ち状態でございまして、早まってしまったかも?と、すっかり戦意が薄くなっておりました。

しかしここでヘタレては、男がすたる!とばかりにモチベーションをあげてまいりまして、彼女がご挨拶をする前に、素っ裸になりまして、いざバスルームへ突入し、「早く、脱いで、いらっしゃい。」と、猫なで声で、お誘いします。
「はーい。」と、かわいらしく、ご返事です。

サワサワと体を洗ってもらい(本日、3度目で、ふやけそうです。)やや、半立ちの、黒バット君も、むくむくと立派になりまして、臨戦態勢は整い、体を拭き拭き、いざ、出陣!!

まずは、お決まりのディープな、キッスから始まりまして、お互いの体を、まさぐります。
攻められるのを、希望してるのですが、一向にキスから先に進みません。
しかた無しに、おいらが先攻ってことで、乳首からだんだん下に、ベロを這わせます。

彼女、「あああん・・・・」て、感度よく、発声練習ですが、どうも心に響きません。

ならば、必殺!スモモでクリをゴシゴシ!と(さっき、受けがよかったんで再度やってみました。)擦りあげますが、「だめー・・・」と甘ったるい声をだします。「よし、よし。」とおいら少し小鼻を膨らませ、さらに擦りあげます。

「ああん・・・いれちゃだめよー・・」って・・・・。
「なんじゃ?そっちのだめかいな!入れませんよ。」と、ひとり、勘違いしておりました。

急に一本取られた気分になり、攻守交替をお願いいたしますと、快く、上になっていただきまして、いきなりパックリと上下運動でございます。
今のおいらの状態では少しワンパターンでも、彼女の強引にいかせようというこれぐらいの刺激がないと駄目そうなので、ちょうどよいかも?などど考えつつ、お顔を拝見しておりますと、しかっり目を閉じて、一生懸命にヘッドバンギングしてます。
うっすらと彼女の額に汗がにじみだした頃さすがに「はよ、いってあげな、あかんわなあー・・・」などど考えながら、69になってもらい、いたずらしながら、フィニッシュでございます。

タバコをくゆらせながら、雑談しつつ、少し明かりをつけますと、彼女の色の白さに、ビックリでございます。肌のきめも細かく、中々、お目にかかれないと思いますよ。これだけ肌のきれいな子は。
「本当に肌きれいだよねー。でも化粧とかしないで、スッピンのほうがいいと思うんだけどなー。」というと、「一言余計よ!」と言いたげなスマイルで誤魔化されちゃいました。後は時間が来てシャワー浴びて、終了でございます。

彼女が服着ている間に、おいらコックリ、コックリ、舟を漕ぎ出して、天井が、グンニャリとして、玄関から出て行く、彼女の顔もよく、判らなくなって、またもや昏睡状態です。

気がつくと、チェックアウトの時間を告げる、コールがありまして、面倒くさげに、「今起きたばかりだから。」と重い体を引きずるようにバスルームへ向かい、楕円をみると吐き気を催す、二日酔いの特性で、便器を見たとたん、胃の中のものを、全部、ぶちまけて、すっきりとシャワーを浴びた後、TVをつけて、朝っぱらから、PPVのエロビデオを見てるうちに黒バット君がにわかに反応しはじめると、生きている実感と、ケダモノな自分に戸惑いつつ、一応、抜いて、一時間さらにチェックアウトを延ばしてから、やっと仕事に行きましたとさ。

www.y-idol.com/" target="_blank">「横浜グラビアあいどる」

プレイ代 60分 18,000円 交通費 2,000円   ホテル代別途

ルックス 3.5 サービス 3.5 スタッフ対応 3.5 満足度 3.5 (5点満点中)


サンジュンさん、レポお疲れ様でした。
なんだか段々貴方のめちゃくちゃぶりが見えてまいりました。「やりますな!」
この調子で次回のレポもよろしくお願いしますネ。
しかしオール5点の娘というのは中々当たらないもんですな。
気長に参りませう。

「五右衛門」
メインページへ


その21「横浜ファーストラブ」に突入の巻

いやあ〜、まーひゃんのヘルプのつもりが、すっかりネタバラでとうとうプロフィールまでのってしまい、後にも引けず、体験レポもかなりのハイペースでこなしております。

横浜界隈で奮闘するビジネスマンの皆様!バリバリ仕事して、バンバン遊んでますか?そんな日本の明日を担う、最強戦士の方に少しでも参考にしていただけるとレポにも力が入るというもの。使命感に燃える今日この頃でございます。

みなさん!元気ですか〜!camelでございます。
 
というわけで、クライアントと横浜駅近くで“生ビール、一杯目無料クーポン券”につられ、居酒屋で目一杯、飲み倒し、タクシー移動で、馬車道のお気に入りキャバクラへ突入!!そこでまた、しこたま飲んで、騒いで閉店時間キッチリに追い出され、深夜の馬車道をフラフラと定宿へ向かいます。

気持ちは、デリヘル100%でございましたが、なんとその宿が満室!あわてて2件目の桜木町の宿へ向かいます。
しかしなんとここも満室!「なんだ?こんな事はじめてでんがな!」と仕方なくあまりお気に入りでないチェーン展開のホテルへ向かいます。なんとか部屋がとれて一安心。
気持ちが楽になってあたりを見ると、数機あるエレベータをそれらしい女の子が上へ行ったり下へ行ったり。酒が入ると、いつもより硬くなるおいらの黒バットはギンギンになりまして、とんがったそれで、おいらの部屋のある階数のボタンを押してやっとの思いで、インでございます。
 
時計を見ると既に深夜も2時を回っておりましてあわててチェック済みのお店へ電話しますがどちらさんも4時を過ぎないと予約が取れません。「いったい今日はどうなってるんや!」と短気を起こしても得になりません。ここはビジネスマンの端くれとしては辛抱強く、交渉します。そんで、お店にお任せで「一番早く来れる子は何分後?」で15分後にお伺いできますというwww.first-love.jp/" target="_blank">「ファースト・ラブ」に決定。
 
ぴったり15分後にチャイムの音が。(いつも感心しますが、どこも時間ピッタリね!)
ドアを開けますと、「こんばんわキュ○です。」って小柄で笑顔の可愛い子猫系の子がご挨拶。
早く早くとお部屋に招き入れ、世間話もないまま、さっさと服を脱ぎます。(おいらがね。)
つられて彼女もチャッチャと服を脱ぎ、世間話しながらシャワータイムです。
 
体をキレイに洗ってもらい、体フキフキ、ベッドインでございます。ここでおいら一気の酔いが急加速しまして天井グルグル、胃の中身がリバースするのを気がつかれないようにゴックンし、「しばしこのまま、添い寝プレイでお願いします。」と頼みますと、彼女に受けてしまいましてコロコロ笑います。それがキュートで
「やっぱり責めます!」ってんでいざ開戦!
 
じっとしていると酔いに負けそうなのでとにかく責めまくります。彼女、感度良好で鈴のようなあえぎ声で答えてくれます。「わたし、イッたことないの・・・でも今日はイけそう・・・」なんて嬉しいじゃ、あーりませんか!?黒バットの先でクリたんをごしごししますと「入れちゃ駄目よ・・・」って切なそうに言います。
「あたりまえでしょ!」とおいら。(だって挿入よりもお口でいくほうが大好きなんです!あっ、間違っても入れようなんて考えない事ですね。楽しく遊びたいなら。)しかし、しっかり感じてくれて、「イキそう!!!」といってヒクヒク、ぐったり。あららまた先にイかれてしましました。
 
インターバルおかずに攻守交替。本日の初リップでございます。ぎこちなくチロチロ、パックリ、お手手でシコシコとあんまり慣れてないご様子でございますが、それがまた初々しく、一生懸命なのでちょっと感動しつつ彼女の背中を眺めてますと、どこでツボにはまったか、いきなり山場で東映のタイトルバック宜しく、大波ザッパーンであえなくフィニッシュ!
 
腑抜けた老人のように白目を剥いてひっくりかえっているおいらの胸にすりすりしてきまして、しばしのアフターでございます。これがなかなか恋人チックでよろしおまん。初恋の人と初めてやヤッたような初々しさと爽快感でストレスもぶっ飛びまっせ!なんて余韻に浸っておりますとお時間を告げるブザーが・・・・
 
あとはシャワーを浴びて、さわさわと洗っていただき、いまさら黒バット君がむくむくとまたもや膨張を始めます。ケラケラ笑われてしまいまして、恥ずかしくてお湯と一緒に排水溝に流れて消えてしまう妄想で自分をごまかし、シャワーを出て、彼女は服着て、名詞もらってバイならでございます。
 
残されたおいらは素っ裸で狭い部屋をグルグルと檻の中のサルのように落ち着きなく動きまわり、立派になってしまった黒バットを冷やそうと懸命になっておりました。  続く

www.first-love.jp/" target="_blank">横浜ファーストラブ
  
プレイ代 60分 18,000円 交通費 2,000円   ホテル代別途
 
ルックス 3.5 サービス 3.5 スタッフ対応 3.5 満足度 3.5 (5点満点中)

Camel氏お疲れ様です。いつもながらのバイタリティー感溢れるレポに感服でございます。
先日「ニチロー」という新しいニックネームが付いたばかりですが、ある方から「ペ・サンジュン」の方がよろしいのではという意見もございました。
如何でしょうか?(笑) そういえばちょと疲れたヨン様に似てなくも無い気が・・・。
ともあれ、「続く」のレポをお待ち申し上げておりまする。

「五右衛門」
メインページへ